生活にフコイダンを取り入れるための食品や食材・メニューについて

生活にフコイダンを取り入れるための食品や食材・メニューについて

健康に良い影響があり、最近注目されているフコイダンをぜひ摂取してみたいと思われる方は少なくありません。

 

ではどのように体内に取り入れることができるでしょうか。

 

この成分が多く含まれているものとして有名なのが、北海道でしか手に入れることのできない、がごめ昆布という海藻です。

 

この昆布の食べ方は普通のものと変わりありません。

 

フコイダンは熱に強いので、がごめ昆布をスープやみそ汁に入れて毎日とることができます。

 

さらにフコイダンを多く持っている食品はもずくです。

 

もずくそのものは味があまりなく、ぬるっとしていて少し食べにくいですが、もずく酢として食べるなら心地よく食べることができるかもしれません。

 

もずく酢は安価で販売されていますが、おうちでも簡単に作ることができます。

 

まずもずく160g(2人分)、酢大さじ3、醤油大さじ3、みりん大さじ3、砂糖小さじ3を用意します。

 

もずくは水でよく洗い、水気をしっかり切り、先ほどの調味料を混ぜ合わせたものをもずくにかければそれで完成です。

 

鉄分やカルシウムが多く含有されているものとして知られているひじきにもフコイダンは含まれています。

 

こうして考えてみますと私たちは知らない間にフコイダンを摂取し、これまでの健康維持に役立っていたのかもしれません。

 

しかし、食品に含まれるフコイダンの量はどれも多いとはいえません。

 

フコイダンを含むサプリメントが販売されていますので、それと上手に組み合わせて摂取していきましょう。